2019年1月31日

和太鼓スクール HIBIKUS

和太鼓スクール HIBIKUS 和太鼓スクール HIBIKUS 和太鼓スクール HIBIKUS
[URL]
HIBIKUS:https://www.hibikus.com/
[クライアント]

宮本卯之助商店さま

[制作スタッフ]
Web Designer: 松本理佳
CI/Graphic Design: 林康行
System Engineer: 中谷皓介
Markup Engineer:青木孝司
Producer:岡本奈美

宮本卯之助商店Produceの和太鼓スクールHIBIKUS、2代目となるWebリニューアル&会員システム開発を担当させていただきました。
四季デザインでは、2014年4月HIBIKUS YOKOHAMAを初オープン時よりロゴ制作、店舗サインやインテリアデザインなども担当させていただいております。

数年の時を経て会員数/店舗も増加し、会員・レッスン・スタジオ管理などの運用煩雑さから解放すべく、今回のリニューアルタイミングに合わせて顧客管理システムを構築いたしました。ログインアフターで、スタジオ予約やレッスン申込変更など自在に行っていただくことで、会員様とHIBIKUS様の負担の大幅軽減に貢献。

2014年OPEN当初は「太鼓をやってみたい!初めてでも大丈夫!」というカジュアルな雰囲気をデザインで表現していましたが、当時ご入会された方々も上達されると共に、大音量が出せる充実した美しい環境を求めて多くの太鼓演奏家や経験者の方もご利用されることも多いことから、上級者を意識したイメージ撮影の上、モノトーンの力強さの中にVivitな差し色で快活さと柔らかさを表現。
太鼓で常に意識される拍。Webサイトにおいても静的な中にもリズムのような強弱が生まれるよう、余白の取り方や、文字・画像を若干の視差効果で見せる等意識し制作させていただきました。

フロントエンドでは、Loadingアニメーションの動きや視差効果(パララックス)を利用し躍動感を表現。グリッドレイアウトや各パーツをパーセント単位で組み、PC/タブレット/スマートフォンそれぞれのデバイスに最適な見せ方を実装しました。

日本だけでなく世界中でその迫力と躍動に圧倒され、多くのファンを生み出している日本の伝統芸能和太鼓。
宮本卯之助商店様は、ますます和太鼓に触れ合える機会を多くの方に提供されようとご尽力されており、それは我々日本人にとっても誇り高いことです。

宮本卯之助商店様の多大なご協力に感謝すると共に
HIBIKUSの益々の発展を今後とも応援して参ります!

2019年1月30日

株式会社アシスト様 「AFOLA」サイト

株式会社アシスト様 「AFOLA」サイト 株式会社アシスト様 「AFOLA」サイト 株式会社アシスト様 「AFOLA」サイト
[URL]
https://www.afoladesign.com/
[クライアント]

株式会社アシスト 協力:菅原 仁

[制作スタッフ]
Web Designer: 粟津里香
Markup Engineer:青木孝司
Producer:岡本奈美

四季デザインでは、階段滑り止め、床材押さえ金物を中心にした建築用金物の製造・卸売を手掛ける株式会社アシスト様の新ブランドシリーズ「AFOLA」サイトを担当させていただきました。

建築家・意匠設計者のためのカナモノブランド「AFOLA」をプロダクトデザイナーの菅原仁の協力の元開発。「階段の滑り止め」という普段目に止める機会も少ない所かもしれませんが、こだわり抜かれたデザイン性高い建築物には、人々の安全を守る領域にもデザインの力は必要不可欠です。
生活する人、設計する人の視点で生まれたAFOLAは、建築家やデザイナーの「これを求めていた!」にお応え出来る製品です。

Webサイトでは、AFOLAのブランド感とプロダクトの特徴が明確に分かるよう、いたってシンプルに。
タブレットの利用頻度が高い建築家や営業の方向けにも、必要な情報が一画面で見えるよう配慮し、ブランドの優しい配慮にマッチする心地よい動きを実装しています。

株式会社アシスト様、プロダクトデザイナー菅原仁様の多大なご協力に感謝すると共に
AFOLAブランドの益々の発展を今後とも応援して参ります。

2019年1月30日

2019 四季デザイン:卓上カレンダー

2019 四季デザイン:卓上カレンダー 2019 四季デザイン:卓上カレンダー 2019 四季デザイン:卓上カレンダー
[制作スタッフ]
Graphic Designer:細井啓生/吉森由之助/林康行
Concept & CopyWriting: 岡本奈美

今年も2019四季デザイン卓上カレンダーを製作いたしました。
当社からお客様へのささやかな贈り物で、毎年ご予約をいただく程ご好評をいただいており、限られたスペースの中で「四季デザインらしさ」の表現を試みています。

今年のコンセプトは、目まぐるしく変化する現代社会での「日本美」とは何か?

日本を代表する美的感覚の一つである琳派を基にしつつも、私たちは伝統の美を単なる反復に陥れず、人を魅了する“今”の積み重ねと考えています。

何かに見えるけどそう見えるものだけではない、
見方によって見え方がいくつもある。

抽象でもあり具象でもある、その狭間の意識を見る人々に喚起させる、
そのような意図をもって制作いたしました。

過去の歴史の中でも外国文化を受け入れながら進化させて来たように日本美も昇華させるべく、各月には敢えてフランス語でコピーを挿入してみました。

例えば6月のコピーは、
Le véritable amour commence quand rien n"est recherché en retour.
「星の王子さま」サン=テグジュペリの名言で、
True love begins when nothing is looked for in return.
"本当の愛は、何一つ見返りを望まないところに始まる"という名言です。

今はまだ自社カレンダーのイラストという限られた領域での表現ですが、
いつの日か、四季デザインの創造物が、
人の一生以上を超え後世に残る作品を見出してみたいと思っています。

The greatest use of life is to spend it for something that will outlast it!

RECENT ENTRIES

STAFF

ARCHIVES

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
  • >>アーカイブ一覧